h1, h2, h3, h4, h5, h6 { font-family: '' }

by

No comments yet

睡眠には「ギャバ」と「トリプトファン」

Categories: 未分類

60代の母が「最近眠りが浅くて」とよく言っていました。
私は単純に、歳のせいだろう、と軽く聞き流していましたが、本人はとても悩んでいるようでした。

睡眠が思うように取れないのは思ったより精神的にキツイらしく「睡眠薬でも飲もうかしら」と言い出した時には、さすがに私も焦りました。

睡眠薬って、癖になるとやめられないと聞いていたからです。

そんなに辛いならと、ネットでサプリのようなものはないか調べてみました。
今はいろんな種類の睡眠改善薬が出ているので、「睡眠 サプリ」で調べると、本当に多種類のサプリが出て来ました。

しかし、できるだけ体に支障のないものを探すと数が少ない。
その中で「ギャバ」と「トリプトファン」という言葉に注目しました。

なんでも、休息に必要な副交感神経に関係する「ギャバ」と「トリプトファン」を摂取すると快眠に有効だとか。
しかも食品に含まれている成分なので、体に全く害はないどころか、美容にもいいとのことでした。

まあ騙されたと思ってひとつ買ってみるか、と検索した中のサプリメントを早速購入しました。

寝る前に1カプセルから3カプセルということなので、寝る30分前に2カプセル飲ませてみました。
初めてなのでちょうど間をとりました。

翌朝どうかなと思って感想を聞いてみたところ、やはり短時間しか眠れなかったそうですが、寝入りは良かった、ということでした。
「久しぶりに寝た気がする」と笑顔で言ってくれたのでホッとしました。
値段は少し高いかなと思いましたが、これで快眠できるなら、しばらく続けさせようと思います。

by

No comments yet

DMMドットコム証券はとにかく使いやすい

Categories: 未分類, Tags:

DMMドットコム証券でFXをしてみて思ったことはとにかく使いやすいサービスであるということです。
投資を行う上で重要になってくるコストパフォーマンスにも非常に優れていますし、取引ツールも直観的な操作が可能で誰でも問題なく入り込めると思いました。
取引ツールにはチャートなども組み合わさっているので、情報力という面でも申し分ないといえるかと思います。
実際に利用してみて思ったことは、総合的に優れた投資環境を提供してくれるのがDMMドットコム証券であるということです。
初心者から上級者まで幅広い人達が使えるサービスになっています。

by

No comments yet

ツルニンジンと男性ホルモン

Categories: 未分類

ツルニンジンは北海道から吸収、朝鮮から中国などに分布しているキキョウ科多年生の蔓植物です。根が朝鮮人参によく似ているため、こういった名前が付けられました。韓国では昔から滋養強壮効果の高い高級食材とされてきました。別名を羊乳と言われているくらいにツルニンジンの茎に含まれている白い乳液状の液体は非常に健康に良いとわされています。有効成分はサポニン、フェルニルプロパノイド化合物、タンパク質、炭水化物などです。その中でも特にランセマサイドAというサポニンはキキョウなどの日本産のツルニンジンにはほとんど含まれていません。韓国産のツルニンジンにのみ含まれている特徴的な有効成分です。ランセマサイドAにはテストステロン低下改善作用や、フェニルプロパノイド化合物には精子形成促進作用があるということも確認されています。
男性ホルモン値改善に効果的だと言われている食品はたくさんあります。しかし、その中でも特に滋養強壮・精力増強に効果的であると言われているニンジン類ですが、朝鮮人参とツルニンジンはその中でも特に効果が高く、身体に強力に作用するといわれています。こういったニンジン類は何日もの間漬け込まれた液状になったものを飲むのも効果的ですし、粉末状にされたものでも効果的です。私達日本人からすると非常に高価でなかなk手に入らないものであるというイメージがありますが、原産国では比較的よく摂られている食品です。韓国、中国の方が元気でパワーの溢れる生き方をしている理由はここにあるのかもしれません。

by

No comments yet

古来から存在はしていたが、進化の遅かったコンドーム

Categories: ペニスとコンドーム, Tags:

コンドームの歴史は古く、紀元前3000年のエジプト王朝時代に遡ります。この頃は、牛や豚の腸や膀胱をコンドームとして使用していたようです。

 

しかし、使用目的は現在の避妊や性病予防と違い、性具としての使用や、害虫の蚊などから、性器を保護する目的で使用されていたようです。

 

現在と同じ目的での使用となったのは、これよりだいぶ後、1874年にイタリアの解剖学者ファロピウスが性病予防の目的でリネン鞘(sheath)を使用しました。現在のコンドームのようにペニスにかぶせるタイプではなく、亀頭にリネンを巻きつける方式のコンドームでした。

 

これ以降、コンドームは性病予防の為に使用されるようになりましたが、素材はやはり動物の内臓や、魚の浮き袋などが使用されていました。

ゴム製のコンドームが誕生したのは、1844年。イギリスで誕生しました。やはり目的は性病予防ではありましたが、この頃からは避妊での目的も望まれるようになってきました。しかし、ゴムの素材が粗末なので、すぐに破れたりする為、避妊については向かなかったようです。

 

1874年には、現在の基礎となる本格的なコンドームが開発され、避妊に対しても効果が大きくなってきました。そして20世紀になると、ゴム製から現在のラテックス製のコンドームへ進化し、現在のコンドームへと至ります。

 

3000年も前からあったものなのに、これほど、進化が遅かった原因は、宗教上の理由から避妊をすることが、神への冒涜であると考えられたことだと言われています。19世紀に入り、宗教への依存度が薄まってくると、コンドームは飛躍的な進化を遂げるようになっています。

by

No comments yet

現代に残るペニス崇拝の息吹

Categories: ペニスと信仰, Tags:

私たちが生活をしている現代社会においては、ペニスをひけらかすは、日常的にタブーとされています。
しかし、世界中の古代社会においては、ペニスを生の象徴として崇拝する事は、広く見受けられる風習です。

 

このようなペニスを崇拝する風習の事を、男根崇拝と一般に呼びます。

 

この男根崇拝の名残とされる風習は、現代社会でも根強く残っています。
日本国内の例で上げるなら、川崎市の金山神社で行われる「かなまら祭り」が有名です。

 

商売繁盛を始めとして、子孫繁栄や子授け、安産や縁結び、夫婦和合、近年ではエイズ除け等の性病罹患を祓って御利益もあるとされて、国際的な観光客までにも人気がある、天下の奇祭です。

 

エリザベス神輿と呼ばれる御神輿は、ピンク色に作られた巨大なペニスそのものです。
古代の男根崇拝の名残がここにありと言った所です。

 

古代ローマでは、ティンティナブラムと呼ばれるペニスを象った魔除けが、広く一般に普及していました。

 

古代ローマのお風呂を題材にした人気コミックスでも、ティンティナブラムは題材として扱われていましたから、ご存じの方も多いと思います。

 

古代エジプトにモニュメントとして建造された、オベリスクと呼ばれる石碑をご存じでしょうか。
太陽神に対する記念碑とか、日時計等の用途が考えられていますが、最新の学説では男根崇拝の側面もある事が指摘されています。

 

男根、つまりペニスは古代から豊富な生命力のシンボルとして、扱われていたのです。
原始的な心性から抜け出し、現代的な理性を得た我々でも、ペニスの大きさが与える心理的影響から逃れる事はできません。

 

自分よりもペニスが大きい男性には、どこか卑屈になってしまう自分に気が付く時、現代でもペニス崇拝の息吹が生き残っている事に気が付くのです。

by

No comments yet

勃起の仕組みとは?

Categories: 勃起の仕組みとは?, Tags: , ,

勃起ペニスに血液がたまることで、ペニスが膨らみ膨張することで、勃起という現象が起きます。

簡単に説明すると、風船と同じような原理ですね。風船に空気を入れれば膨らむのと同じように、その風船の空気の代わりが「血液」に変わったようなイメージです。

では勃起はどのようにして起きるのでしょうか?毎日毎日勃起した状態が続くととても大変ですね。

そこで、性的興奮を感じたときにのみ、勃起するような仕組みになっています。科学的な説明をすると、脳が何らかの方法で性的な興奮を覚えると神経伝達物質であるサイクリックGNPを分泌します。

この難しい名前の物質は、簡単に説明すると、ペニスに流れ込む血液を開放する働きがあります。

そうすると、血液がペニスに流れ込むので、勃起が起きるということになります。

次に勃起したら当然しぼんでくることもあります。性的興奮が冷めてくるとこのサイクリックGMPの分泌がだんだんと少なくなってくるので、徐々にペニスに血液が流れなくなります。

それによって、通常時の大きさに戻っていくという仕組みになっています。

by

No comments yet

ペニスの包皮の切除手術(包茎手術)の歴史 

Categories: 包茎手術の歴史, Tags: , ,

男性の性器の先端部分が、
包皮で覆われて露出していない状態を、
包茎と呼びます。

 

自分で剥いて露出できる状態であれば
仮性包茎と呼びます。

 

包皮が性器に付着して先端部分を露出することができない状態のことを、
真性包茎と呼んでいます。

 

真性包茎の場合には、性行為以前に排尿することさえ困難である場合が見られるので、
先端部分を切除する外科手術も含めた治療が必要になります。

 

一方で、仮性包茎の場合には日常生活において困ることはほとんどありません。
しかし現在行われている包茎手術のほとんどは仮性包茎の手術です。

 

国内で仮性包茎手術が行われだしたのは戦後になってからだと言われており、
主にアメリカの文化の影響のようです。

 

しかし現在のアメリカでは、包皮は必要な部位であるという主張を行う医学者も増えているために、仮性包茎の手術を行う者は少数であるという報告もされています。

 

割礼と呼ばれる宗教上の理由からの仮性包茎の手術は、
紀元前から行われていたことが記録に残っています。

 

現在でもそれらの宗派の信仰者は、宗教上の儀式として仮性包茎の除去手術を行なっています。日本にはそのような宗教は存在しなかったために、日本で行われている包茎手術は、美容整形に分類されます。

 

弱い部位を守るためにある包皮は、基本的には必要な部位であり、
哺乳動物のほとんどは性器は包皮に覆われている状態です。

 

しかし普段あまり真面目に議論されない部位であるために、
包皮は不要で醜いものであるという終戦直後の認識のままで現在まで放置されているようです。

by

No comments yet

気になる世界のペニスサイズ

Categories: 世界のペニスサイズ, Tags: , ,

日本人である皆さんは自分のペニスが小さいので、ペニスを増大したい。大きくしたいと思われたこともあるでしょう。
そして、黒人男性や白人男性はものすごくでかいものを持っているようなイメージがあるのではないかとおもいます。

では、気になるペニスのサイズ、世界の平均値を比較してみましょう。

まず第1位は、、、
フランスです。勃起時で約16cm、弛緩時で12cmとなっています。

次いで第2位は、、、、
オーストラリアです。勃起時平均15.7cmとなり、大きなペニスのイメージがあるアメリカなどはまだ登場しません。

第3位イタリアは平均15cm、第4位メキシコは14.9cm、第5位ドイツは14.5cmと続き、第6位からチリ、コロンビア、スペイン、タイ、そして日本は第10位にランクイン。勃起時平均13cmとなっています。

驚くことに第11位がアメリカで勃起時平均12.9cm。日本の平均より小さいのです。

第12位からベネズエラ、ブラジル、サウジアラビア、インドと続き、第17位は日本人とよく似た黄色人種の韓国が勃起時平均9.6cm、弛緩時平均6.9cmとなっているのです。

予想と違って、驚かれたのではないでしょうか?勃起時の硬さは硬いことで有名な日本人。サイズでは勝負できなくても硬さで勝負、なんて思っていた方も、実は白人男性や黒人男性より大きいかもしれないのです。

なんだか勇気がでてくる順位ですね。人気のマッチョ韓国人ユニットや体格のみごとな韓流スターも、ペニスのサイズはそれほどではないのかも…しれませんね。